هل هي فارغة إلى الأبد؟

f:id:jigokunotenshi:20211209174717j:plain
さて、昨今のファシズム全体主義の蔓延により世の中はナチス時代の再来だと揶揄されておりますね。そこで(まあミリオタには負けるが)ナチスに関してはそこらの人より詳しいと自負している私の登場ですよ。
本日は私の最推しアルベルト・シュペーアをご紹介致します。推しとかいう言葉はなんか安っぽくて嫌いなのですが今回は世間の流行ナチスに関するので流行語を使いました。
はい、シュペーアですが彼はナチス軍需相大臣でもあり建築家でもあります。ナチスに関する建物は大抵彼が設計したのではなかろうか。有名所だと党大会のスタジアム、個人的になるとゲーリング宅の改装とか。
シュペーアは元々美を追求する側、美を具現化する側、つまりアートを愛しており、それが画家を目指していたヒトラーと感性が合ったのか二人は親友となります。「ヒトラーに親友がいたとしたら自分だ」というシュペーアの台詞は有名。実際大量のスケッチや模型を囲みながら談笑する二人の微笑ましい写真はいくつも残っていますね。
シュペーアは「廃墟価値の理論」というのを創案し、これを特に熱烈にヒトラーは支持した。"今後新築されるすべての建築は、数千年先の未来において美学的に優れた廃墟となるよう建築されるべきだ"というもの。退廃の美ッ

美といえば、写真の通り彼はイケメンなんですよ。顔が頗る良い。プロパガンダ映画(意志の勝利)を撮る際に監督を務めたレニ・リーフェンシュタールから 画面映えするから映画に出てくれ と懇願されたエピソードも。断りましたが。しかし舞台はシュペーアが演出したので、ある意味レニとシュペーアの共演ともいえる…かな。

軍需大臣としての腕も良く、生産体制を見直し軍事生産力を上げる成果もきちんと出している。


で、シュペーアも敗戦時には拘束されます。刑務所へ他の愉快な仲間達と共にぶちこまれ、かの有名なニュルンベルク裁判での尋問スタートです。
結果的には20年の禁固刑です。他の愉快な仲間達が自殺や絞首刑になる中、彼は生き延びました。持ち前の高IQ(128)を駆使し、弁を効かせて乗り切ったという部分もあるだろうけど、何より裁判中の様子が非常に真摯で悔恨の念を強く示していたからというのが一番の理由でしょう。まあ私は半分演技だと思ってるけど!裁判記録を見るとかなり嘘吐きまくってるからな。


服役中にはこっそり自伝を書いたりしながら20年後に刑期満了で釈放。釈放後はテレビに出たりなんだりで一部で"Good nazi"なんて呼ばれたりも。ナチにgoodなんか無いだろ阿保。
その後81年に愛人宅にて死亡。腹上死か?とか言われて笑われています。
というか20年待ってくれていた奥さんがいるのに愛人とかさ~~シュペーア死刑!


f:id:jigokunotenshi:20211210002304j:plain
因みに 意志の勝利 所持してます